2009年2月28日 (土)

春寒

2009020907240001

ここのところ

寒くこごえるような日が続いています。

雨の中を歩いていたら

手がかじかんでしまいました。

そういえば今年は朝、手がかじかんでしまうほどの

寒さというのは数えるほどしかありませんでした。

はるさむ
「春寒」は季語で春になってからの寒さのこと。

最近は春どころか、初夏を思わせるような暖かい日もありましたから

ぶりかえす寒さはこたえます。



春寒し冷たき雨によりそう君      広田千悦子

        

写真はかすみがかかった空気の中で
ぼんやり見えた大島です。

見えそうで見えない―ー。

どちらかというと

はっきりとは見えないものに

つい惹かれてしまいます。

暖かい日々だけになるのも

たぶんあともう少し。

行きつ戻りつつする日々を

味わうこころを

忘れずにいたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)