« もうすぐ春 | トップページ | 横浜有隣堂さん »

2013年2月 4日 (月)

立春 梅ひらく

いよいよ、立春。

例年になくかたくかたく閉じていた
梅のつぼみも一気にほころんで
季節においつかなくちゃ、とばかりに
さきはじめています。
これからまた寒くなる日も、強い風の日もあるはずだから
毎年、ちいさな花が心配になりますが
私たちが想像するよりしっかりと
散る時期を迎えるまでは
根を張る
木の枝で咲く花はしっかりとついています。
昨日の夜更け
夜の道は
水仙の香りでいっぱいで
なんともいえない気分に満たされました。
春一番の梅の花がひらいたということは
からだの中もひらいていく傾向にあるということ。
ねむくてだるい理由は
急激な変わり目についていこうとしている
からだの声、なのかもしれません。
人もまた、自然のひとつ。
どんなに人工物に囲まれて生きようとも
自然の流れに添うようにいのちはながれていきます。

|

« もうすぐ春 | トップページ | 横浜有隣堂さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1147835/49174971

この記事へのトラックバック一覧です: 立春 梅ひらく:

« もうすぐ春 | トップページ | 横浜有隣堂さん »