« 2012年8月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年9月の投稿

2012年9月13日 (木)

秋と夏のせめぎあい

季節のはざまにしては

夏の勢いがまだ強い。

遮光になった日差しが

思いの外強くて

部屋の隅に身をひそめていたくなる

かきものが多い中で

人と会うと

自分が内側にむかっているのがよくわかる

それが元気無さそうにみえることもあるらしい

今月は生まれ月のせいか

それともこの時季の色がそうさせるのかーーー

すっかり秋になってほしいと思う気持ちと

解放感のある夏の終わりを名残惜しく思う気持ちが交差する。

秋は何事もゆらぎ、いったりきたりするもの。

芯を保つために寡黙気味がわたしの場合はちょうどよい。

みなさんはいかがでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月 3日 (月)

立ち待ち月

今日の月は立ち待ち月。

立ちながらおしゃべりしていると

それほど待たないうちに月が登ってくる、という意味らしい。

そうはいっても

周りには建物やら山やら遮るものがあるから

その場所によってそれぞれ違う月の出。

うちはちょうど東に山があるから

何時頃でしょうか。

それにしても暑いのに大気が澄んでいる。

こころもこの空と同じようでありたい、と願う。

雷がなっても

曇っても

雨がふっても

いつの間にか澄み渡る、そんなふうでありたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日)

十六夜

本日は十六夜。 <いざよい>
月の話をしてくれた、友に感謝。
ゆらぎそうな時はとりあえず空。
すうっと胸に絡まる紐もほどけてく。
いとしきものをみてさえいれば
間違えない。
どちらにしても
まっすぐ歩く以外、無いのだから。
1346522957014.jpg
兎の帯留め。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月 1日 (土)

雨が降って
窓からは
入ってくるのはひんやりとした風。
こうなるとこんどは
やはり夏はおわってゆくのだな、と
さびしくなる始末。
心変わりのさまといったら
季節のかわりゆくさまより早い。

1346483981996.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2013年1月 »