« 空の色 | トップページ | 大切なひと »

2012年7月27日 (金)

さかいめ

境目ーー。

そこは

かすかな気配に耳をすまし、

わずかな風の動きを肌で感じることができるなら

何かが動いていく時の兆しを

いちばん早く強く感じることの出来る場所。

ターミナルのような場所では

いったい何を大事にするのかーー

それを問われます。

昔の人はたぶん

それを知っていたのかーーー

節目節目の行事で

気持ちを切り替える知恵、

何を大事にして生きているかの振り返りがもりこまれています。

何より境目には隙間ができ、そこに

悪いもの、迷い、などの邪気が入り込みやすいことを

知っていたからこそ

節目の邪気払いがあり、

意識を切り替えていくような風習があるのだと思います。

暑さと疲れと混迷で

気持ちがぐい、と何かにひかれることもありますが

深くいかないうちに上手にきりかえていけば

だいじょうぶ。

|

« 空の色 | トップページ | 大切なひと »

コメント

大暑が過ぎて8月に入りましたが、あと5日で立秋ですね。季節の移り変わりが早いのを感じるのと同時にまだまだ暑い日が続いていますので季節にしても何にしてもさかいめを感じるのが難しい今に生きている気がしています。本当はさかいめを感じられるような生活をしたいと思うのですが…。なかなか現実はそのようにはなっておらず…。節目節目を大切にしていつもかわりめを感じながら過ごしたいと思います。

投稿: MALU | 2012年8月 2日 (木) 09時58分

MALUさん、はじめまして。
コメントたくさんありがとうございます!
おかげさまで、ブログへの力も湧いてきます。
さて、節目、さかいめを感じられるような生活がしたいということですが、わたしも同感です。
いつになったら、節目をゆっくりとあじわうような時間ができるのだろうと悩んでいた時期がありましたが、実はそういった時間を持つこと自体を今はあきらめています。
でも、たとえば予定が夜までぎっちりと入った日、遅くなった帰り道を歩くすがら、背中をこうこうと照らす月のあかりに優しさを感じたり、
さきほども忘れ物をしてダッシュして(笑)用事をすませて、息はずませながら歩く道すがらで、ヤマノイモの花をみつけてうれしくなったり。なにげないひとときにそれはあって、ほんのわずかな時間ですが気持ちが満たされていくのがわかります。
忙しい時だからこそ、隙間の時間にあちこちに視点を持つといいのかもしれません。わたしはもともと落ち着きのない人間なので、
あちこち、くるくるといつも視点を動かして生きているので・・
つかの間の時間に十分リフレッシュしているのかもしれません。

投稿: ひろちえ | 2012年8月 3日 (金) 09時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1147835/46480831

この記事へのトラックバック一覧です: さかいめ:

« 空の色 | トップページ | 大切なひと »