« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月の投稿

2010年12月31日 (金)

だいこくさま  にほんのかみさま①

Photo_3 
         From Nagano JAPAN

U氏のご実家の大黒さま。

たくさんの人を見まもられてきた

福ふくしさいっぱい。

見ているだけであったかい気持ちになります。

よりそうようにおかれている鏡餅もいいですね。

77歳のお父様が小さなころからお台所に

あったとか。

こちらは同じ大黒さまですが

朝日を浴びてまた違うお顔を見せてくださいました。

Uさま、ありがとうございます!

Photo_2

にほん各地にはたくさんのかみさま。

あちこちで

私たちを見守ってくださっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月30日 (木)

過ぎゆく時間と新しくやってくる日々に。

ENYAのONLY TIMEです。

一年をふりかえるタイミングに

似合う曲かな、と思います。

Who can say where the road goes,
Where the day flows?
Only time...

And who can say if your love grows,
As your heart chose?
Only time...

Who can say why your heart sighs,
As your love flies?
Only time...

And who can say why your heart cries,
When your love dies?
Only time...

Who can say when the roads meet,
That love might be,

In your heart.

And who can say when the day sleeps,
If the night keeps all your heart?
Night keeps all your heart...


Who can say if your love grows,
As your heart chose?
Only time...

And who can say where the road goes,
Where the day flows?
Only time...

Who knows?
Only time...

Who knows?
Only time...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

万葉集

年の瀬、

万葉集全集が

わたしの手元に。

ほとばしるような思いが

胸に満ちていくのが

わかります。

このたからものを探索し

たくさんの場所へ

つなぐ道を。

そんな仕事がいつかできますようにと

神様にお祈りしたいです。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

空のグラデ

空に描かれる色のグラデーション。

いろんな色があるからこそ美しい。

こころにも いろんな色があると幸せ――。

きちんと胸に落としこんでいきたいなあと

思うことばです。

___2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月29日 (水)

ご挨拶

ご挨拶めぐりにいきたし

されど原稿おわらじ。

あちこちの方に気持ちだけ念じている。

だんどりをつけて下さる方に感謝。

境界線についてしばし思いを巡らす年末。

「境界線」というくぎり自体が

からだと気持ちをかたくする。

自在に

けれども調和も芯も忘れることなく

生きられたら

それを本当の自由と呼ぶのかもしれないと

思ふ午後。

なんでもよしとしてしまう

本物ではない自由に惑わされるうちは

境界線が役に立つのだと思う。

来年も皆が幸せでありますように。

さて、原稿+大掃除+資料整理。

29日と31日はお正月飾り付けは避けるもの。

ということは飾り付けは明日のみ。

__

sio_butter_a_800

http://www.mos.co.jp/cp/asia/101226/

そういえば・・・今オンエアしている

モスバーガーのコマーシャルは

うちのアトリエ&スタジオ「秋屋四季」で撮影されたものです☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月28日 (火)

一年のおわり

もうすぐ2010年が終わります。

年末年始の醍醐味は

たくさんの

切り替えのきっかけをいただけること。

よいことも

よくないように思えたこともある一年だったけれど、

そして

これからはじまる新しい年がどんな年になるかは

わからないけれど

皆一緒にふりかえり、あらため

素にかえり

新しい一年を

新しい気持ちでむかえよう、という気持ちになれるチャンスが

きっかけが

いろいろとあります。

視点をかえていけば

大掃除もお正月飾りも反省会も

忘年会も、すべて祈り。

いい国にうまれたなあ、と思います。

一陽来復を越えて

ぽつぽつと花が咲き始めています。

105

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年12月22日 (水)

18度の一陽来復

本日は冬至、一陽来復ですが、

予想最高気温18度と

とてもあたたかい日になりそう。

柚子湯に入り、太陽の復活を祝うには

ちょっと気分がもりあがらない。

ただ、太陽の動きからすると

季節が春へと向かいだす日。

気持ちの中で

何か新しい展開のはじまりとするに

ふさわしい日だと思います。

__

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月21日 (火)

勉強

本日はインタビュー。

近頃、途中でやめてしまったことを

もう一度はじめたいという気持ちになること多し。

限られた時間の中に

ぎゅうとねじこんでいきたい感じ。

一番ずっと取り戻したかったのが英会話。

久しぶりにがんばりたいと

思うのは理由があるから。

最近心をとらえられたのはこの言葉。

You complete me。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

__

桜木町にて打ち合わせ。

街全体がクリスマスツリーみたい。

幸せな空気が流れています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月20日 (月)

にほん切手

__

どかどかと

音がするような感じで

仕事をかたっぱしから、の月曜日。

そんな中でたまに

こんなきれいなものをながめるのは

たのし。

切手とは「切符」の「切」と「手形」の「手」をあわせたものだとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月19日 (日)

nature in town

__

ないとみんなが思いこんでいるところで

たからものをみつけるのが

だいすき。

きのうみつけた

街の中の季節の色in yokohama。

きれい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

混ぜる

世の中で一般的なこと、

目に見えないこと、

自分の子供を通して見えるもの

こどもたちの笑い声

いのちのふしぎ

メディアの発信

宇宙でおきていること

戦前までの日本

江戸時代の日本

シュタイナーが説いた世の中の解説

実際に現在行われている学校教育

占星術

インド哲学

夜空にみえる星

さまざまな聖者の説く話

道をたどる人たちのことば

世界中のネイティブの話

死を間近にむかえる人々のことば

世界中の暦

自然の現象

それらのことに関わる人々との間に生まれるコミュニケーション―――。

今は

これら全てが頭の中で同時進行している感じ。

この一見ごちゃまぜなことから

何かが湧きあがってきて

それらをつなぐ糸はほとんど同じになってくる。

そして私はものをつくる。

なにが生まれるかいつもわからないけれど

うまくいくといいな、

そしてその結果、微々たる力にしか

きっとならないだろうけれど

だれかの役にたつといいな、といつも考えています。

さらにストイックになりたいときは珈琲を

ストイックになりすぎた、と感じるときは

果物ジュースを飲みます。

どうにもならないくらい

バランスがくずれたと感じる時は

なにより効くのは空を見ること。

冬の空はどの季節より大きな力をもっているように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月17日 (金)

月日

__

朝やけの富士。

月日が過ぎるのがはやい。

当たり前のようですが

「月日」は月と太陽のことだとあらためて

もういちど識る。

来年出版する本は

どうやらこんなふうになっていきそう――という

雰囲気がでてまいりました。

そのためにはまだまだ勉強勉強。

こんな年齢になっても

足りないことばかり。

ほとほと嫌気がさしてしまいそうになるけれど

そんな暇があればただ、

懸命に生きるのみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月16日 (木)

j-wave

J-waveの収録で六本木ヒルズへ。

街が美しい季節だから楽しみ。

高いところは苦手ですが

窓から見える景色は好き。

特に高層ビルからは

無数の人のいとなみを視ることができる。

人間ってすごいなーーって思いだせるのが好き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月15日 (水)

よばい星

流れ星には

「よばい星」という和名あり。

恋しいと思い続けて
魂だけが好きな人のところに
会いに行く姿にたとえられた名前なり。

ピークはすぎましたが
今日もふたご座流星群がみれるはず。

夜も更けて
0時台に月が沈む頃、

空も暗くなりちょうどよいようです。

眠りにつく前に空を見上げたいと思います。

同じ空をご一緒にいかがですか。

方向が気になるところですが
それほどきにせずにできるだけ広い範囲をみるとよいとか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

つくる

Photo

文章をひねり出し

粘土でつくり

絵を描く日々。

ものをつくることが大好きだから

続けられることに心から感謝しなくては。

冬に入るとますます好きになるのは

たぶん

内面と向かい合うための力が

空からふりそそぐ季節だからだと思う。

それが冬。

写真は私のつくったシーサーの口に

つくった金魚をいれて遊んでみる。

「ナンカ、カワイソウ」と

隣でつぶやいている人がいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月14日 (火)

撮影

__

宝島社の雑誌Glowでの連載、

広田千悦子の「和菓子暦」の撮影日。

表参道にて。

毎月この日が来るのが楽しみ。

スタイリストさん、編集さん、カメラマンさんとの

会話も楽しみ。

イルミネーションを見ずに即効で

帰らなくてはいけなかったのが残念。

ひろびろと広がる冬の空気を感じながら

大切な人と街路樹の中を

さっそうと歩く街ってイメージの

表参道。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月13日 (月)

あしもとに

足もとのカエデ。

街を歩くと

いろんな色の

カエデの落ち葉が

アスファルトを彩る。

人ごみの中で下をむいてばかりいるから

不審そうな目で見られていることに

は、と気づく。

でも、

こんなきれいなもの

じっと見ずに通り過ぎることなんかできない。

ずっとそばにいたいけれど

こなごなになって全ては変わってゆく。

落ち葉のように次に役にたつことに

少しでもなれたのなら

それで十分。

季節がうつりかわっても

揺らがないのは

消えてゆくものへの愛情。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月10日 (金)

夜明けのグラデーション

夜明けの空の色のグラデーション。

今日は一段と美しかった。

吸い込まれてしまうように

こころ奪われるのは

その色自体の魅力はもちろん

うつりかわりゆく流れを

細やかに感じられるからなのかもしれない―――、

とふと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 9日 (木)

久しぶりに

久しぶりに学校。

授業に参加させていただく。

こどもたちのパワーってすごい。無限の広がりあらためてひしひしと実感。

__

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変わる

ニュースでは

ようやく師走らしい気温になってまいりました、と流れている。

あたたかい日々に慣れ親しんできたにしては

師走の寒さってこんなものだったかなあ、と思う。

その感覚自体がわからないほど、

近頃の季節の変化の移り変わりの仕方に

翻弄されている自分に気がつく。

ただ

「これもまた変わる」――――。

この言葉を若い頃聞いたとしたら、皮肉にしか聞こえなかっただろう。

今は素直に神妙にうなずくのみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 3日 (金)

仕事

仕事はプロセス、途中が面白い。

たどり着いたら仕事はひとつの終わりをむかえ

新しいことへとうつりゆく時をむかえる。

ぐずぐずととどまればエネルギーは滞り、次がつかえて

つながりの糸もからまりはじめる。

たちどまり、みつめて、かみしめ、あじわい、だきしめる。

小さな子供をずっとぎゅっとだきしめていたいように

永遠にそうしていたい時もあるけれど

いるべき場所といたい場所は

ちがっていることが多いのはちょっと残念。

ただ、新しい世界へとむかうタイミングがぴったりなときは

違和感なく胸の中は広がりすべては愛おしさで満たされる。

窓にうつる光が白く美しい季節です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生命の定義

030

NASAから発表されたのは

有毒なヒ素を利用して生きるバクテリアの発見。http://sankei.jp.msn.com/science/science/101203/scn1012030400000-n1.htm

近頃、こんな環境で生きられるはずはない、思われていたことが違った、

という発見が相次いでいます。

今までにあった概念が次からつぎつぎへとくつがえされています。

世の中はまだまだ知らないことばかり。

葉っぱもまだまだ美しい。

ぐうちゃん(友人のネコ)はいつも面白い。

027

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 2日 (木)

波乗りの仕方

強い風が吹いたから

みんな葉っぱは飛んでいったかなあと思いきや

まだまだ、しっかりと残っている木々もたくさんある。

頭の中で想像することと

現実にあらわれていることが全く違うというのは

よくあること。

またそれが面白い。

近頃、波乗りをしたいなーとつくづく思う。

意気込んで波をのっていく時の全体とのバランスと

ニュートラルでいながら波にのっていく時の

あらわれる世界の違いを生に感じることができるから。

ここでも私は「はざま」にいるんだなと思う。

「はざま」にいるものにぴったりの仕事、

ずっと前から約束していた仕事をやりたい、

少なくとも近づいていきたいな、と

思うこのごろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 1日 (水)

発見

043

ゆきむし?発見。

おしりにしろいフワフワをつけています。

幼い頃、ゆきむしを見ると

明日は雪だね、とみなで話したものです。

師走とは思えないほどあたたかい冬ですが。。

寒いのは苦手だけれど

ある程度寒くないとおさまりどころが悪いものです。

無い、と知ったとたん求めたくなるものですが・・

一生懸命生きるけれど、もとめない――。

これをどうにか手に入れたい。

って結局は

もとめているからぐるぐると思いはめぐる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »