« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月の投稿

2009年12月31日 (木)

お屠蘇

2009123116040000_2

お正月の準備で
去年忘れてしまったのが
「お屠蘇」。

みりんか清酒に浸して一晩おかなくてはならないから
元旦の朝に準備しても間に合わない。

今年は忘れないように
結構前から
薬局で手に入れておりました。

「蘇」という鬼を屠(ほふ)るという意味の屠蘇散は
薬草を組み合わせたもの。

12時過ぎぐらいにつくると
ちょうどよいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

年惜しむ

「年惜しむ」は
一年をふりかえって惜しむ気持をあらわした季語です。

何かとせわしなく用事がある一方で
気持の中では過ぎ去った一年を
いとおしくさびしく思う。

大晦日は
今年の反省と
来年への希望がいりまじる
やはり特別な日です。

内へ、
外へ、
遠くへ、
近くへ。

全部のことがバランスよく
音楽が流れるように
生きられたらいいな。

これが来年への望みです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

強風

あたたかい、などとブログに書きましたら
冬の強い風が吹いてきました。

ごうごうとうなるほどのすごさ。
何もかもが飛んでいってしまうようです。

そういえば年末年始はこんな日が多いのだったと思い出しました。

帰省からもどると道に落ちていた枯葉がすっかりと
きれいになり、家の後ろのほうにすべてが飛んでいる。
これは例年のことです。

「この風がここで吹いているとね、
日本海では大雪が降っているんだよ。。。」と
教えてくれた人のことを思い出しています。
ひろーい視点でものを見ると
なぜか豊かな気持ちになれるのですよね。。。

今年は秋谷で年を越します。
ここで新年をむかえるのがとても楽しみ。

昨日はおせちをつくり、撮影しました。。
いちおしはアーモンド田作り。
これならパクパクと食べられそう。
撮影隊のみなさま、お疲れ様でした、倒れていないでしょうか。シンパイ。

もうすぐ一年のはじまりを迎えますが
みなさまにとってよい年でありますようにお祈りつつ、
年越しをしたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月30日 (水)

2009122915090000

景色も冬らしくなってまいりました。
このままあったかいとうれしいようなうれしくないような。

でもあたたかいわりには色がきれいです。
先日は夕暮れからはじまる空のグラデーションが最高でした。

お正月のお飾りの材料をズラズラとならべてみる。
お気に入りだったたま飾りはすでに売り切れでがっかり。
来年は自分でつくってみようかな・・・と思い直したら元気が出てきました。

2009122915340000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月27日 (日)

日が沈んだあと

2009122716590000

夕日が沈んだ後の空。

どこかで見たことのある景色だなあと思いきや
そっくりな場所を思い出した。

海の中、
ある程度の深さから見上げた風景。
それとよく似ています。

海三昧だった日々は
まるで前世のようです。。。

2009122715030000

新しく借りた古い家の玄関。

私、ここ本当に好きだなあ、と改めて実感。

今、なまえを考えています。

まあるいストーブに火を入れて畳に座り
あちこちに意識をむけると
徐々に部屋中に意識が満たされる。

これをくりかえしていくことで
だんだんとここは
落ち着ける場所になってゆくのだと思う。

寒いけれど
もともといい気をもっている家だと思うので
心地よい。

自分を取り戻してゆける場所。

そんな場所。

春にはみなさまをご案内できるようにと
考えてます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

赤い星

夜10時頃、
東方に輝く赤い星。

私はそれを見ていることが多い。

他の星とは何となく違う、と思いつつも
その名前も知らずにいた。

すべての力の勢いをとめてしまうかのような強い思い。
近頃この思いをコントロールするために
かなりのエネルギーを使ってきた。
あともう少しでこの思いを手放せる。
深く愛してきた人にそっとさようならをつげるように。

そんな日々を過ごす中で
夜、空を見上げると目に入ってくるのがこの赤い星。
家に帰るときに歩く道で見上げると
ちょうどよくすっと目に入ってくる。

素直になり全てを認め、罪悪感をもたずに
ただ、立ち止まらず
そこからはじめようと気持ちを切り替えられるひとときになっている。

月が人間に影響を与えているように
たぶん他の惑星からの影響も私たちは受けている。

間違えていなければ
赤い星は火星。

一説によれば火星は人生の目標を実現する力を与えてくれるとか。

おお!ぴったりではないですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月26日 (土)

すばる

冬の星は美しい。
おなじみのオリオン座より北西方面に
見えるのが「すばる」。

清少納言の枕草子にも登場し、
古事記にも「美須麻流之珠」みすまるのたま
として記されています。

たくさんの星の集まる星団ですが
視力が普通の人で肉眼では大体6~7個の星が見えるようです。
昔の人にはもっと見えていたとか。。。

それは空気が澄んでいたからなのか
昔の人のほうが現代より視力がよかったのか・・・

いくつ見えるかやってみたら
私は6個でした。

「すばる」の名前の由来は
「ひとつに集まっている」「統一されている」などから。

若い時は不思議な星団「プレアデス」として興味のあった星たちですが

今は、その「すばる」という名前の由来に
ふと気持がとまっています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月25日 (金)

一つの山

ひとつの山をのりこえたら

またもう一度

歩いていかなくてはならない場所がある

今はのりこえてしまったあと

新しい部屋に突然通され

からっぽの部屋に

またひとりでいるような気分

そんなところに

いつまでもぐずぐずと

いるべきではないとわかってはいるけれど

越えてきた

山へのいとおしさの中で

時を過ごしている

うれしいことと悲しいことは

気持ちがゆれる、ということからみれば

もしかすると同じことなのかもしれないと思う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月24日 (木)

合唱

合わせて唱えると書いて合唱という。

先日のコンサートではその恩恵をたっぷりと浴びさせてもらいました。

何かひとつのことに一生懸命になっていくことの素晴らしさ。

そして何より今の私に響いてくるのは

それぞれ全く違うもの同士の声が、それぞれの色のまま
まるで最初から一つのものだったように響きあい生み出されるもの。

それを全身に浴びる、ということがいったいどれだけ大きなことなのか
歌声を聴きながら感じ入っておりました。

場をつくりだしているすべての方たちに
尊敬と感謝の念をこめて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月22日 (火)

冬至

気温もぐっと冷え込んで
冬至らしい日を迎えています。

寒い日は嫌いのようで好きなような。
恋が始まるときの予感に
なんとなく似ています。

さて、柚子をたくさんいただいたので
お正月用のハチミツ漬け、
柚子チョコをつくっています。

黄金色の柚子を見ているうちに
がまんできず、昨日お風呂に浮かべてしまいました。

さて、仕事と仕事じゃないこと。
うまく気持ちもつながってまいりました。

まだまだぎこちなく
ぎくしゃくと
油のまわっていない機械のように
スムーズではありませんが

太陽の復活 一陽来福の日を迎えて
そんな想いにすこしでもたどりつけたことは
幸せなことだと思います。

その思いがずっと続けられるように
今は力を注ぐことにします。

おうちで楽しむ にほんの行事

おうちで楽しむ にほんの行事

著者:広田 千悦子

おうちで楽しむ にほんの行事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月21日 (月)

サンタ

2009122018160000

昨日打ち合わせのお店で出会ったサンタさん。
ごくんと飲んでしまいました。

さて明日はいよいよ冬至です。

一年の中で一番好きな日。

肌に感じる寒さはこれからが本番、というところですが
明日を境に太陽の高さはだんだんと高くなり
季節は春に向かいはじめます。

大変なことが続いても
いつかそれは終わりをつげ
やがて、春がやってくると知っていれば
また日々の過ごし方も違ってきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月20日 (日)

グロリア少年合唱団

2009122011010000

羊毛でユキダルマくんたちをつくりました。

この子たちは
鎌倉雪の下教会で23日毎年行われる
グロリア少年合唱団のヘンデル「メサイア」コンサートの前に
バザーに並びます。

バザー資金は5年に一度の海外演奏旅行の資金となります。

グロリア少年合唱団は男子だけの日本には珍しい合唱団で
団員の構成は下は幼稚園前の小さな子から高校生まで。
変声まえの男の子だけがもつ美しいソプラノ・アルトと
変声後のたくましくなった男子ののびやかなテノール・バス。
大人の男声合唱団、プロのオーケストラ、そして大人のソロで
構成されるコンサートは毎年人気です。

「メサイア」は救世主「メシア」のこと。
キリストの物語をうたいあげるこのコンサートは
約2時間の長いコンサートです。
聴きどころはやはり後半の「ハレルヤ」ですが
その他の曲も素晴らしい!!のひとことにつきます。



50周年を迎える歴史のある合唱団ですが
古き良きものがたくさん残る貴重な団体です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月18日 (金)

新刊のお知らせ

おうちで楽しむ にほんの習わし

おうちで楽しむ にほんの習わし














全国書店販売日となりました☆

みなさまどうぞよろしくお願いいたします!

こんなチラシ入りです☆

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

アドベント

2009121606590000

クリスマスはイエスの誕生を
冬至は太陽の復活を祝う。

まだまだ寒さは厳しくなるが
日差しは冬至を境に春へと向かいはじめる。

今年はおそくなってしまいましたが
これからみつろうそく、ヒバ、林檎を準備して
りんごろうそくをつくります。

シュタイナーの水彩&オイリュトミーに
子どもが通っていた頃
ヒバなど針葉樹で出来たスパイラルを歩き
りんごろうそくを灯して歩いたアドベントの日が懐かしい。

人々がスパイラルを歩くごとに
ろうそくの火が増えて
暗闇の中にあった
道がだんだんと明るく照らされてゆく。

この行事があらわしていた意味が
寒い今日のような日には
しっくりと胸に落ちてきます。

りんごろうそくのつくりかたは
こちらの本に書きました。
よろしければどうぞ。

季節のお楽しみ12ヵ月 子ども歳時記
季節のお楽しみ12ヵ月 子ども歳時記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月15日 (火)

あまりにも強い思いは
過ぎ去るままに

ゆっくりと
静かに
元通りに

どうかそうなってほしいと思う

もやもやと
芯までいけない
この感覚は

何かが堰をとめている

どうにもならないことは
どうにもなるはずもなく

かといって
やめることもできない

別の入り口と出口をさがしていったりきたり

たぶん道を探すことに力を使いすぎて

体と心は静かでゆっくりとしている

でもたぶん
その旅も終わりに近づいている

同じようでいて全く違う旅をはじめたい
できればずっとそばにいるために

| | コメント (0) | トラックバック (0)

干飯

2009121409060000_2

干飯をつくっています。

お釜にこびりついたご飯を
かきとり、水洗いしてから広げて乾燥させます。

からからになったら缶などに保存。
戦争中などの保存食だったとか。

これをフライパンで炒ってしょう油で味付けしたり
油で揚げてスープの実にしたり。

香ばしくて美味しいのです。

今の乾燥している季節ならではの保存食づくりです。

詳しくはもうすぐ発売のこちら。
よろしければお読みになってみてくださいね☆

おうちで楽しむ にほんの習わし

おうちで楽しむ にほんの習わし

昨日は昼も夜も熱弁をふるいすぎて
声がなんとなくかれてしまいました・・・・反省。
伝える、ということの難しさと楽しさを
両方味わった一日でした。

それにしても!
またもやさまざまな仕事がたまりはじめているので
回転にまきをいれなくては・・・

60万部の女性誌「InRed」の今月号に
4ページにわたりイラストと文章を書かせていただいてます。
皆様見てみてくださいねー

2009121508370000

In Red (イン レッド) 2010年 01月号 [雑誌]

]

In Red (イン レッド) 2010年 01月号 [雑誌]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)

師走

師が走る、と書いて師走しわす。
12月もそろそろ中盤になりました。

半年の間は冬、という場所で
生まれてから18年間、暮らしていたというのに

どちらかというと寒さは苦手です。

けれど
朝のしん、とした空気や
冷たく吹き付ける風
全てのエネルギーが
地面の方にどっしりとたくわえられるような気配に
親しみを感じます。

はじまりを迎えるためにも
大切な時期。

あの方は元気かしら、と物思いにふけるのにも
いい季節。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月13日 (日)

オリオン座

夜空に
オリオン座をみつけてほっとする。

いつの間にかそんな季節になりました。

真ん中にてん、てん、てんと
三つの星。

「三ツ星」という素直な和名に納得。

星の和名については
「子ども歳時記」の中で書いています。

よろしければどうぞ☆

季節のお楽しみ12ヵ月 子ども歳時記

季節のお楽しみ12ヵ月 子ども歳時記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空を読む

空を読み

月を読み

気配

なごり

兆しを感じる。

ふりかえってみれば

今まででいちばん好きなことでしたが

もっと

深く

芯の部分にまで

たどりつき、身につけて

自然とそばにいられるようになるといいのですが。

そのためにも

恋しい想いは

ほどほどに

胸にしまいつつ

くっと高鳴る気持ちもなだめつつ

でも決して離れることなく

真ん中の道を歩いていく

静かで強い心がほしいこの頃です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月12日 (土)

朝の色

2009121206520000_2

あまりにきれいな

朝の色。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒と暖 

今日はあたたかいようですが
だんだんと冬らしく寒い日もちらほら。

人は
寒さに身を縮めることがあって
はじめて
ぬくもりのありがたみがよくわかる

だから冬は

誰かのあたたかさ、やさしさを

見えづらくなってしまった
慈みのながれる空気を

感じ、学び、知るには
もってこいの季節。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月11日 (金)

三つのこと

今、三つのことを
てらしあわせて
いったん自分の中にいれ
新しくつむぎだそうとしています。

うまくいけば少しづつ
かたちにあらわしていける予感。

今日は冷たい雨。
内側へと向っていくにはちょうどいい日。

近頃はとにかく
過ぎてゆく時間の流れが早い。

からっぽになった、と思うのもつかのま。
以前はその期間に長く時間をかけたものですが
そうもいってはいられないようです。

原点にもどって
心が満たされたら
すぐスタート。

それぞれが幸せでありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009121013020000

2009120912450000

もみじの落ち葉と
野菊。

野菊は地味でありながらも
さまざまな種類があり
寒い日の道端を彩る。

目をさまし
やるべきことをやるとき

どうか道がつきますようにと祈りつつ

あとは力をつくすだけ

さて、

「おうちで楽しむにほんの習わし」は
当初よりすこし遅れまして
来週の18日ごろ全国書店販売になります。

お待ちいただいている方申し訳ございません!

年末にぴったりの内容になっております。
皆様どうぞよろしくお願いいたします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月10日 (木)

水仙

2009120912460000

毎年、同じ場所に一株だけ咲く
八重の水仙。

どちらかといえば
すっきりとしたひとえの水仙の方が
好みだけれど

いつも同じ場所に咲く
この人に出会うと

八重もきれいだな、と思います。

今、お正月の飾りにちょうどよく
あちらこちらで
いろいろな種類の水仙が咲いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水)

朝日新聞の夕刊

10日の朝日新聞の夕刊マリオンで
「子ども歳時記」が掲載されます。

季節のお楽しみ12ヵ月 子ども歳時記

著者:広田 千悦子

季節のお楽しみ12ヵ月 子ども歳時記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古い家

2009120813540000

最近、ほんのひとときの間でも
なるべく古い家で過ごすようにしている。

やるべきことはたくさんあるけれど
まずは座りしばし沈黙。
そこである一定の期間、時を過ごすことでしか得られないもの。
見えなかったものが見えてくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 8日 (火)

InRed

In Red (イン レッド) 2010年 01月号 [雑誌]

宝島社「InRed」一月号
192ページから195ページに
「にほんの縁起もの」特集で
文章とイラストをかかせていただきました!

皆様ぜひ見てみてくださいね☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009120613220001

空から続いているかのようなご縁。

大切にするためには

何でもできることはやりたいと思う

無私の場所へと到達するまで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

やっと畑の恩師に
収穫物をおすそ分けすることができました。

ほとんど放任に近くても
育ってくれたのは三浦大根とニンジン、高菜。

春に向けて今年の反省をいかさねば・・・

2009120510230000

これはブロッコリーの苗。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

茶会

2009120614560001

2009120613470000

2009120614550000

Image146

勉強のため
旧知の編集者と三渓園茶会に。

お手前は写真家の久保田様。
男の方のお手前で茶をいただくのは初めて。
Image144

茶とともに流れる凛々しさに
いい気をいただきました。

今、ますます茶の湯の世界に
こころ惹かれています。

着物は鎌倉小町のせいたさんのもの。
やわらかものはあまり着たことがなかったのですが
着心地もよく、すっきり感が気に入っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 5日 (土)

新しい時代へ

2009120506500000

雲間に浮かぶ欠けた月。

流れる雲の動きがこころをなでる

一つの小さな時代の終焉に

私の中でも確かに何かが終わりを告げている

やりつくす道の途中で出会う花に

喜びながらも大きくなってゆく新しい孤独

別の世界へと向おうとするときに

決まってあらわれる空気。

さようならをつげずに歩けたらいいなと思うけれど

たぶんできることといえば

気づかずに別れを終えること

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金)

雲の朝焼け

2009120406400001_2

朝、外にでれば

しっとりと濡れた地面に

空には朝焼けの雲。

凍える季節がやってくる少し前。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009120211050000

手入れをしはじめた古い家への
アプローチ。

まだまだ続く。

道の両サイドに四季折々の草花を植えたい。
春夏秋冬それぞれの季節に楽しめる
草花選びをしたいと思っています。

庭をつくることで得られるものは

さまざまな視点から物事を見る力

調和のとれた色を見つけるバランス

風情を感じる心

ささやかな命が発する崇高な気配。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

どの道を歩いているときも

たどりつきたい場所は

ただひとつ。

でも

もしも思いがけず

ある日

ふと違うものを

みつけてしまった時には

ただ、ひとつにしようと心を一生懸命つかうだけ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新刊のお知らせ

Narawashi_cov

子ども歳時記につづく新刊

「おうちで楽しむにほんの習わし」の予約販売がはじまりました!

みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。

おうちで楽しむ にほんの習わし

全国書店販売は来週になります☆

好評をいただきました「おうちシリーズ」の第三弾になります。

今回は衣、食、書、庭、茶からなる五項目の構成。

たとえば食のところでは江戸時代から楽しまれていた
「疣湯」(蕎麦湯のおいしいいただきかた)、「生姜湯」
「桜湯」の紹介から

「茶」では茶花暦からお茶会によばれたときの作法

「衣」では普段着としての着物などなど。

少しほりさげたにほんの暮らしを
身近に楽しめる内容になっていますので
ぜひお読みになってみてくださいねー

また、今回の色づけはにほんの伝統色づかい。
イラストのタッチもいつもよりやや日本風にしてみましたので
皆様のご感想もぜひお待ちしています!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水)

2009112317020000

ぽっかりとすきまのあいた気持ちには
さまざまな色のプレゼントをしたい。

にじみ絵が
じんわりとひろがるように
胸の中をあたためていけば

明日へと気持ちをつないでいける

そのために
空ってあるのかな

ふとそう思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »