« 秋の朝 | トップページ | 東京新聞連載 »

2009年9月 7日 (月)

白露

今日は二十四節気の白露(はくろ)。

秋分の前、15日。
秋の気配が加わる頃、という日ですが

やはり今年は暦より早く進んでいるようで
秋の気配はもうすでに十分満ちている、という感じ。

つばめもそろそろ南へと渡る頃。

飛び立つ準備をしていることにさえ
毎年気づくことができない。

すでに空っぽになった巣をみて
ああ、そういえばつばめたちはいなくなった、と思う

知っているようで知らないことはまだまだたくさんある。
せめてそうふりかえることだけは忘れずににいようと思う。

そんなことをつらつらと思いながら
引き続き原稿書きに没頭。

11月に出版する2冊の本は
エッセで連載していたものをまとめたものにかなり加筆したものと
おなじみ「おうちで楽しむにほんのーー」シリーズ。

一冊はイラストもかなり多くなっているのですが
「漫画家ってこの何倍も大変なんだろうな・・・・・」と
つぶやきながらせっせと書いています。

これは
お世話になっているご近所のNさんのお庭のニラの花。
華奢なようできりっとしている可愛いい花。

2009090609390000

ひょうたんはこうやって水にひたしておくと
あのえんぎもののひょうたんができあがるそうです。

2009090609300000


さて、たまには仕事のこと。

Hyoushi_big1

企業や教育関係のプリンターなどの会社
「RISO」の広報誌にエッセイをかきおろしたものが
届きました。

http://www.riso.co.jp/home/co/uta/0909-autumn/shousai.html

1200文字ぐらいのエッセイですが
自分とつながる文章がかけたかな、と思っています。

2009090514440000

機会をくださったことにまた、感謝。

|

« 秋の朝 | トップページ | 東京新聞連載 »

コメント

ニラの花、ひょうたん、珍しい写真をありがとうございます。

理想の詩、さっそく申し込んでみました。
エッセイ楽しみに読ませていただきます。

新刊のことば・イラスト、
どこかから秋の日差しや風の透明感が伝わってくるでしょうか、
楽しみにしています。

投稿: a-aqua | 2009年9月 7日 (月) 08時50分

a-aquaさん、いつもありがとうございます!
理想の詩、申し込むと無料でいただけるんですよね、早速ありがとうございます。すごくきれいな紙を使った冊子で「言葉を科学する」という特集なのですが、載っている人は私以外東大の教授とか・・・なので不思議な存在になっているかもしれません☆

投稿: ひろちえ | 2009年9月 7日 (月) 09時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1147835/31265028

この記事へのトラックバック一覧です: 白露:

« 秋の朝 | トップページ | 東京新聞連載 »